日本の印鑑制度の広まり

印鑑イメージ

昔、印鑑は身分の高い人のみが使っていたようです。
その後、武将が自分の権力を表したり、自分自身を表現する方法の1つとして印鑑を使ったり、芸術家の絵画などにも印が使われて行くようになったそうです。
昔の掛け軸や、日本画を見ると必ず名前と印が入っていますよね。
今では当たり前に使っている印鑑ですが、昔は特別な、1部の人々が使っていたようです。

それから明治時代になって、実印の押されていない公的文書は、裁判上の証拠にならないと言われ、日本の印鑑制度が広まって行ったようです。
印鑑は日本人と深く関わりがあり、人間と共に進化してきたのだと思います。
印鑑の中でも特に実印は、使う時に、今から自分は特別なことをするという不思議な緊張感があります。
昔の人々も同じような気持ちで印鑑を使っていたのでしょうか?用途によって使い分けたりしていたのでしょうか?とても気になります。

武将達が使っていた印鑑や日本で1番古いとされている「漢倭奴国王」の金印を写真で見ましたが、現在の印鑑とは全く違って、特に武将達が使っていたと言われている印は、竜が描かれていたり、虎が描かれていたりと本当に強さを主張するかのような印ばかりでした。
現在の印鑑は名字や名前だけのとてもシンプルなものですが、自分の好きな絵が描かれている印鑑などが認められるようになれば楽しいですし、偽造などの可能性もさらに低くなるのではないかと思うのは私だけでしょうか?
今までも印鑑が変化して進化し続けたように、これからも印鑑は変化し続けるのでしょうか?

~ 注目のWEBサイト情報 ~

<住まいを彩る>スタイリッシュな表札

表札館は暮らしをデザインする表札の専門店です。

耐久性に優れたクールなステンレス、和の空間を演出する和グラスサイン、ポップなウィルカラーを周囲にあしらったウィルサイン、ステンレスと木目の立体的な組み合わせウッディーなど豊富な種類からきっとあなたの住まいの雰囲気に合わせた表札が見つかります!

ページの先頭へ